CAELinux2020のインストール

家でCAEができるように自宅のPCへ環境構築を行いました。
本記事では、CAELinux2020をWindows10PCへインストールした事例を紹介します。

インストールの注意点
 インストール前に、PC内のデータや設定等のバックアップをお願いします。私が使っている環境下ではエラーもなく使えていましたが、お使いのPCで不具合が発生する可能性があります。

1.いままでどんなソフトを使っていた?

Windows10Homeでインストールできるソフトは、
1)SalomeMeca2018 for windows
2)Ubuntu18.04+SalomeMeca 2019
3)CAELinux2020、CAELinux2020Lite
 2)、3)は、VirtualBox6.0.4上にインストールして使う。
などあります。
いままでSalomeMeca2018、Ubuntu18.04+SalomeMeca 2019を使用していました。

今回は、CAELinux2020Liteを市販品の15インチノートパソコンへインストールしました。
画面サイズ:15.6インチ(解像度:1920x1080)
CPU: intel iCore5(第8世代)
グラフィックコントローラ:オンボード
メモリ:16GB
空き容量:60GB(CAELinux2020Liteの使用量は、25GBでした
)

2.CAELinux2020って何?

オープンソースのソフトで、Linuxにあらかじめフリーウェアの科学技術計算ソフトをあらかじめインストールされており、インストール後即利用できます。
OS:Xubutntu18.04
インストールソフト(例):SalomeMeca、
トップページ:https://www.caelinux.com/CMS3/ 
リリース日:2020.8.11(サイトのpublishedより)情報はこちら

CAELinuxは、CAELinux2020とその軽量版であるCAELinux2020Liteの2種類があります。今回はCAELinux2020Liteを使用しました。
理由は、ハードディスク容量を節約できることと、自分が使いたいソフト(緑のマーカー)はリリースノートを見ると入っているためです。CAELinux2020Liteは、(*)は入っていない模様です。

Contains the following CAE softwares:
・CAE Pre-post processors: Salome_Meca 2019.1, SalomeCFD v8.5(*), GMSH 3.0, ElmerGUI,   
 Helyx-OS, Paraview 5.0.1, FreeCAD , CalculixLaucher & CAE
・CAD-CAM: LibreCad, , FreeCAD 0.18.4, Salome , Meshlab, PyCAM 0.6.4, Flatcam, KiriMoto,
 CAMLab, Dxf2Gcode, Inkscape Gcodetools, cadpy, Cura, Camotics
・Finite Element solvers: Code_Aster 14.4, Elmer FEM, Calculix,
・Computationnal Fluid Dynamics: OpenFOAM v7 and Code-Saturne 5.3 both with CFD analysis
 wizard, Elmer FEM Solver, Javafoil, Javaprop and XFLR5 air foil, propelers and airplane
 analysis tools.
・Electronics: Kicad, Arduino, Flatcam, dxf2gcode & cadpy for isolation milling
・3D bio-medical image processing: ITK-Snap with user filters, Image J, Voxel_Mesher &
 VoxelMesherGUI
・Mathematics & programming : GNU Octave, wxMaxima, R & Rkward, Python 3, Scipy and ・
・Spyder, QT Creator, gcc, gfortran, g++, perl, python, latest Arduino 1.8 IDE
・Document , graphics & office: Inkscape, Gimp, LibreOffice.

CAELinux2020のFeatures文より:https://sourceforge.net/projects/caelinux/files/CAELinux2020/

3.Windowsへのインストール

3.1 事前準備


1)VirtulBox6.0.4をwindowsへインストール
2)CAELinux2020Liteのisoイメージをダウンロード
ダウンロードは:https://www.caelinux.com/CMS3/index.php/download/62-caelinux-2020
内したページのDOWNLOAD LINK HEREをクリックします。別のページに移りますので、isoファイルのダウンロードを行います。

3.2 VirtualBox上でインストール

3.2.1 PC以上にCAELinuxのインストール領域を確保する。
(1)仮想ディスクをつくる 
 推奨は50GB~70GBとあるので、50GBとします。可変サイズにするとドライブの容量を圧迫させません。

(2)インストールメディアの設定
インストールする必要があるので、ダウンロードしたubuntuを設定します。このとき注意する点は、LiveCD/DVDにチェックをいれます。
ストレージを
<追加前>

<追加後>
設定されているのがLiveDVDが追加されています。(

(3)使用環境設定
ディスプレイや起動設定を変更していきます。

3.2.2 インストール
(1)LiveDVDの起動
 VirtualBoxの画面から起動をさせます。

(2)インストールの開始
起動すると下図の画面が出てくるので、InstallCAELinux2020()を選択する。

(3)インストール
設定画面に沿ってインストールしていきます。

インストールを終了させたら、一度シャットダウンをします。(ACPIシャットダウン)を選択。


設定内のストレージからLive CD/DVDの設定を外します。

3.3 GuestAdditionsの設定

インストール後のCAELinux2020Liteは、解像度が640x480mmであり、またWindows上でのデータ共有負荷ができず、不便です。そこで、GuestAdditionsを用いて、画面サイズの調整、ドラッグ&ドロップ機能、データの共有を行います。
3.3.1 GuestAddtionsのインストール
下図にようにデバイスからGuestAdditionsCDイメージ挿入を選択します。


挿入すると、下図画面のようにVBox_GAs_6.0.4と表示されれば成功です。
terminalを開き、terminal上から以下のコードを打ちます。
sudo ./VBoxLinuxAddition.run

3.3.2 画面サイズの調整
下図のように設定ができます。

3.3.3 windows10とCAELinux2020Lite上での共有フォルダの設定
共有フォルダの設定により、windows10とCAELinux2020でデータの受け渡しができます。
共有フォルダを”wshare”でして設定したときの事例を書きます。
1)windows上の保管場所を決める。
 例えば:C:¥data¥wshare
2)CAELinux2020Lite上のhome内フォルダにwshareというフォルダを作る。
このフォルダのパスは、/home/ユーザー名/wshare
 ユーザー名は、
3)VirtualBox内の設定で、”共有フォルダー”でフォルダのパス、フォルダ名、Mountpointを設定する。
設定画面例を以下にします。

その後、terminal上から以下のコマンドを入力します。
ユーザー名は、CAELinux2020Lite上で設定した名前です。
cd ~/
sudo gpasswd –add ユーザー名 vboxsf

4.CAELinux2020LiteでSalomeMeca2019を使うときの注意点

1)SalomeMeca2019での使用上の注意
GeometryやMeshの操作中にエラーが出て異常終了することがありました。
対処法は、VirtualBox内のディスプレイ設定をすると解消されました。
一方、エラーはでないという情報もあり、今のところ不明です。
回避策がありましたら、情報提供いただけるととても助かります。

設定の際、GuestAdditionsの設定が無効になる場合があるかもしれません。そのときは、VirtualBox上からCAELinuxLite2020を再インストールをします。

2)xUbuntuのアップデートはしないほうがよい
CAELinux2020、CAELinux2020LiteともにOSはxubuntu18.04を使用しています。執筆日である2021年2月現在は、xUbuntu20.04が最新OSですが、これにアップデートすると、ソフトがいくつか使えなくなる可能性があります。

This new release can be safely updated as any other Ubuntu install, however DO NOT UPGRADE TO UBUNTU 20.04 as it will probably break some custom packages !!

引用元: https://www.caelinux.com/CMS3/index.php/download/62-caelinux-2020のFeatures

5.まとめ

私の備忘録もかねてWindowsパソコンでSalomeMeca2019を使用する方法を紹介しました。
CAELinuxLiteは、多くの科学技術計算ソフトが使える環境のため、使用環境の構築に時間がかからないのが一番のメリットです。
CAEソフトは高額なため個人での購入は難しいですが、このようなソフトを使うと個人で触って学ぶ機会が作れます。
興味のある方は挑戦いただければと思います。