電子書籍:自宅で始める応力解析(Salome-Meca2019 で始める孔あき板の応力解析)

電子書籍:自宅で始める応力解析(SalomeMeca2019 で孔あき板の応力解析)を2021年7月10日~25日まで開催される技術書典11に出展します。
本ページは、この電子書籍で解説したFEM解析データの提供や補足説明を行います。

電子書籍販売サイト
Booth:https://aytechlab.booth.pm/items/3141979(7/24公開)
書籍サンプル:

SalomeMecaの説明こちらをご参照ください。
SalomeMecaを使った解析事例記事:こちらをご参照ください。

1.書籍概要

本書では、孔が開いた板を長手方向に引張り荷重を加えた時に穴淵部には応力集中と呼ばれる局部的に大きな応力が発生します。本書籍では解析の流れやOpenCAE:SalomeMecaでの解析操作説明を行っています。
家で勉強したいというひとが躓きやすい、SalomeMecaの環境設定や解析操作の操作を解説しています。
下図は、本書で説明している孔あき板のモデル図です。

2.「第3章 覚えておくと便利な操作」で使うデータ

 「3.1 既存のデータをインポートして解析を行う。」にて使う解析データは、以下からダウンロードください。

3.書籍コードについて

本書のあとがきに、10文字の書籍コードを記載しています。本書を作成時に作った丸孔の解析データを購入者限定で公開いたします。パスワード入力を求められますので、書籍コードを入力ください。
URL:https://aytechlab.com/pr/202107bookfemsc/

4.正誤表について

誤字脱字等ありましたら、随時こちらにて公開いたします。

5.本書についてのお問い合わせ先

当サイトの問い合わせフォームからお願いいたします。