両もちはりの解析(2)|Salome-Meca

部品のアセンブリ解析を行います。
今回は2回に分けており、2回目の内容を記載します。
1回目—両もちはりの解析
2回目—計算結果の出力と比較
使用ソフト:SalomeMeca2019+Ubuntu18.04(with Virtualbox)

1.計算結果の出力概要

SalomeMecaではMesherにて設定した指定したグループについて、出力が可能です。下図の場合、①、②、③、④のエリアに設定できます。
今回は、両もちばりのたわみを出力させますので、Conb_bにて行います。
出力形式は、テキストファイルでトライしました。

画像1

2.ファイルの出力設定

SalomeMecaのAster上で設定します。ファイル名は、depl_xとします。
設定後解析をかけます。

画像2
画像3
画像4

3.結果の確認

結果を読み込みます。図のように変位が出力されています。
必要な点をExcelなどで読み込み、必要なデータを出力します。
今回は、X方向(はりの長さ方向)とDZ(はりのたわみ)を取り出す。

画像5

4.結果の比較

グラフ化をして、SalomeMecaの計算結果は、材料力学の公式とほぼ一致してます。

結果

5.その他

他には、Pavaview上で各ノードの出力を見る方法もあります。今回のも覚えておくとグラフ化もできるので便利です。
<参考ファイル>
SalomeMecaの出力ファイル(.txt)